プロジェクト概要

栃木県那須町の4.8ヘクタールの土地にある那須町第一太陽光発電所は、太陽光によって、安全でクリーンなエネルギーを日本に供給することができ、地元経済の活性化につながるかを実証しています。1.96MWの交流電流(AC)発電所で22,500枚の高度な薄膜PVモジュールにより発電が行われており、1年につき約3,300MWhのクリーンで安全な太陽光電気を発電します。発電所では稼働中排出物ゼロで発電を行い、平均500戸の日本の家庭に電力を供給し、1年に1,500トン相当の二酸化炭素を置換します。発電所は藤井産業株式会社が建設を担当し、最高50人分の雇用を創出することで、地元経済を活性化し、未来を担うエネルギー技術における専門性を向上させました。 日本板硝子株式会社は、ファーストソーラーの薄膜モジュールに合わせた独自の電気フィルムを搭載した先端技術ガラスを提供しています。当プロジェクトから生成される電力は東京電力ホールディングス株式会社によって供給されます。ファーストソーラーが当プロジェクトの100%株式を保有します。

環境的便益

  • "安全、クリーン、地元のPVエネルギー
  • 最も環境効率の良いPV技術
  • 平均的な日本の家庭最大500戸に電力を供給"

タイプ:

固定型

施主:

ファーストソーラー

ディベロッパー:

ファーストソーラー

EPC:

藤井産業株式会社

保守 管理:

ファーストソーラー

モジュール数:

22,500枚

雇用人数:

50名

  • 1.96 MW AC プロジェクト規模:
  • 1,500トン年間CO2置換トン数:
  • 500戸電力供給家庭数:
  • 700台削減車数: